« 洞爺湖マラソン完走! | トップページ | 金メダル »

2010年5月25日 (火)

洞爺湖マラソン2010完走記

筋肉痛は昨日ほど強くないのですが、
昨日は膝から下が物凄く痛かったのに、
今日は膝から上が痛いふみです。

因みに今日は背面部も微妙に筋肉痛。

さて、忘れないうちに振り返っておきます。



5月23日(日)午前五時に自宅近くで
エアロさんのお友達のO滝さんの車に乗せて頂き、
だいきさんを拾って高速で一路洞爺湖へ。

エアロさん、O滝さん、乗せて頂きありがとうございます☆

O滝さんがスゴイランナーだと初めて知る。
トレーニングや大会の会話内容のレベルが
違いすぎて勉強になる。

高速では山菜取りらしき車を数台追い越し、
何と7時前に会場到着!
(時速何キロだったのかは聞かないで)

とりあえずチームのテント陣地へ向かう。
めちゃくちゃスゴイ霧で、
数メートル先の湖が見えない状態。

ココ本当にみずうみ?
って位の見たこと無いような濃霧。
そして風がややあって寒い!
本番は天気大丈夫かな?

テント到着を待つ間、
どんどん霧が引いて気温も少しずつ上昇。

テントが来て、設営が終わる頃には
あんなにあった霧も引いて湖の向こうに
羊蹄山がキレイに見えてきました。

7時到着以降かーなり時間あるなぁ
と思っていたけど、
仲間の皆さんと喋ったりストレッチしたり
やっているうちに何だかんだで
時間が過ぎて行ったカンジ。

小腹が減ったので、
8時過ぎにおやき2個を食べ、
開始30分前には頂いたアミノバリューの
粉末とVAAMを飲みました。
トイレも2回行ったよ!

15分前にはスタート地点に行って、
整列・・・。
緊張はしていたけど、
そこそこの緊張という感じで、
意外に淡々とした調子で開始のピストルを待つ。
因みにタイム3時間以内の列に並んでましたw

ふみの今回の目標は
「回収車に回収されないこと」

つまりは5時間以内で完走。
というものでした。

スタート!
・・・したけど、
ピストル音が遠くて、弱々しい号砲。
人数が多いせいか、
スタートしてもしばらくはゆっくり徒歩。
札幌マラソンよりヒドイかも。

本当のスタート地点を越えた辺りから
ようやくジョグペースになったので、
まずは抑え目に走る。

フルは単純に洞爺湖1周ではなく、
最初は戻って折り返して7キロほど距離稼いでから
1周に入るというコース。

スタート地点に戻った辺りからようやく
いつものペースで走り始めた感じ。

天気も良くなって気温も上がってきたので、
給水はしっかり取らなきゃ!
と思い、5キロ毎の給水はすべてしっかり取りました!

最初の15キロ位までは水のみだったけど、
それ以降はほぼ水とアミノバリューの
2カップ取りをやってゴクゴク飲んで
手や首に掛けたりしました。

キロ7分ペースで走っても
十分完走できる時間だったけど、
体がキツくない程度に走っていたら
キロ6分ペースでずっと来ていたらしい。

20キロ手前付近で、電池さんに抜かされた時、
キロ6分ペースで走ってると思ってたら、
5分50秒位のややハイペースで走ってる
と言われて、初めてやや飛ばし気味だったことに気づく。

言われた後に、横に並んでいたおじさんに
話しかけられて、
やや早いペースだねー。
ちょっと落とすかぁ。
なんて会話をしてました。

おじさんも初めて(マラソン?洞爺湖?)
だったそうです。
4時間20分が目標と言っていたな。

この時、ふみは目標タイムを全く設定していなかったので、
まぁキロ6分でずっと走れたらスゴイなぁ
程度に思っておじさんを抜きました。

20キロのエイドでは
バナナ半分とおばさんが出してくれた
ソイジョイ2片を口に入れ、
モグモグしながらそのまま走る。

20キロ過ぎても体はぜんぜん大丈夫!
むしろラクに走れてました。

ハーフの距離が平気だなんて、
ふみも成長したものだ。
と自分に感心しつつ、
ペースはそのままで走っていたのですが。。。

一人小樽練習会の時もそうだったように、
25キロ過ぎた辺りから急に足が痛くなって、
重くなってきました。

ふみにとっては魔の25キロ。

やっぱり来たか!
と思って時計を見ると
明らかにキロ6分以上は掛かっている状態に。

膝も、ふくらはぎも、足裏も痛い。

でも走れないレベルではないので、
小樽のときも30キロ過ぎたら復活してきたし、
多分大丈夫!

と思い、できる限りの力で走る。

この辺に桜園がありめちゃくちゃ桜がキレイ!
ここだけじゃなく、
湖畔沿いには沢山の満開の桜の木々が。

左に目をやればキラキラ光る湖と
波打ち際の音。

ロケーションは最高のレースだなぁ
と改めて感動!
気分の高揚と共に少し痛みも治まってくる。

27キロ付近で自転車に乗ったblueさんが
来てくれた。

思ったより早い!
と言われて、
自分でも予想以上に早く走れてますー
多分イケると思います!
と返してそのまま走り続ける。

その時点で、
おそらく完走は間違いない
という確信はあった。

今まで無視してきたスポンジも
この辺りから取り始めて、
足を冷やすのに使うことに。

30キロで楽しみにしていた
洞爺名物シソジュースのエイドがっ!

やったぁ☆
と思って一気飲みしたら、
意外に甘いw

もっと酸っぱいのを想像してたので、
少し残念でしたが、
リフレッシュ&エネルギーにはなりました!
もちろんバナナも食べる!!

予想通り、
30キロを過ぎた辺りから
痛みも和らいできたので、
できる限りのペースで足を進める。

どうもこの付近から急に歩く人が増えてきた感じ。
ペースダウンしてく人も次第に多くなる。
そしてそれは男の人ばかりが目立つ。

元々女性参加者が少ないので、
抜いても抜いても男ばっかで、
女性の背中は見えてもなかなか近づけない!
=順位が上がってかない!

この辺りで再度blueさん登場。
わざわざココまで。頭が下がる。
ゴールで待ってるよ!
と言われて再会を約束。

息はラクなんだけど、
体があんまり動いてくれない。

そんな感じ。

こないだの豊平川10キロとは真逆。
距離とスピードの微妙なバランスで
体の具合も変化するもんだな
と考えたりしながら走る。

でも、あと10キロちょいならいつもの練習と
同じ距離だし、
10キロ位ならちょっと飛ばしても
無理が効くだろうと思って、
痛む足で走れるだけのスピードを出してみる。

一時はキロ6分半以上掛かっていたタイムも、
6分程度に回復していたと思う。

35キロの壁とは良く言うけど、
ふみには25キロ以外の壁はないみたい。

壁にぶち当たって歩いたり止まったりしている
人たちを抜かして走る。

私設エイドが一箇所あって、
お茶とまんじゅうなどが用意されていた。

家族で毎年応援してくれているらしい。

おばぁちゃんが入院中で応援できないけど、
病院から応援してるよ!
的な写真入りメッセージに胸が熱くなる。

エイドは取らなかったけど、
応援に笑顔で応えて更に走る。

37キロ辺りで前方から鳴子の音が聞こえてくる。

よーく見るとたかのぶさんが
旗と鳴子を持って応援してくれていた。

やっとたかのぶさんに会えたよ!
応援来てくれてありがとう!!

この辺りは民家もないし、人気も少ない場所だったので、
私以外の一般のランナーさんも
かなり勇気付けられたと思う。
たかのぶさんの位置は絶妙でした!

40キロ手前で国道に出ると、
ものすごい向かい風!
でも小樽の時よりマシだし、
汗まみれの体には心地よい風にも感じられる。

ちょっと行った先で救急車のサイレンの音。
周囲に居たラランナー全員の後ろ姿に

Σ( ;)!

↑こんな感じでビックリマークとビックリ絵が

入ってるように見えました。
倒れたランナーいたのかなぁ。。。

ここまで来たらもうあと少し!と思って
出来る限りのスピードを出して走る。

40キロ前からは常に
あと植物園○周分・・・
と植物園を基準にして走ってました。

ゴールした時の自分は
どうなるんだろう?
淡々とした気分なのか、
感動するのか?

ちょっと考えて一瞬目がウルっと来たけど、
まだゴールしてないし、
考えるのは完走してから!!!!
とすぐに気持ちを切り替えてレースに集中。

この辺りに来ると、
抜かしていく人はかなり減って、
殆どふみが抜かす側になっていました。

そしてめちゃくちゃお腹が空いてきて
息をする度にグーグー鳴るという始末。
どんだけ消化&消耗してるんじゃ!

41.5キロのエイドは無視して
最後のスパート!

湖畔沿いの道の半ばで
チームの皆さんの応援が聞こえる。
夢中すぎてあんまりはっきり見れなかったけど、
しっかり声援は届きました。

ラストの直線に入った辺りで
ぷーコちゃんの声がした気が・・・
と思ったら気のせいじゃなかったらしい!
応援ありがとう!!
これまた夢中であんまり顔見れなかったふみ。。。

最後の最後の200メートルは
出来る限りのダッシュ。

ふみ、余力あったらしいです。
ココでかなり女子もゴボウ抜きしたので、
何位か順位上げた筈。

最後のゴール直前でもう一人女子を抜いて
ついに完走!

時計は4時間20分少々を指していたと思います。

42.195キロを走りぬいた自分がスゴイし、
やればできるじゃないか!
てか、こんな私でも走りきることが出来たよ!
走れたよ!!

呼吸のゼイゼイと涙で熱くなる咽の感覚とで
呼吸困難になるんじゃないかと思いながら、
トルソータグを高校生に外してもらう。

アミノバリューを飲みつつ、
応援団の場所が良く解らなくて
フラフラした後にテントに行くと、
仲間の皆さんが温かく迎えてくれました。

その時点で既に泣いてたんだけど、
あひるさんに支えてもらって
更に号泣。

ひとしきり泣いた後、
屈んで水分補給して、
落ち着いた頃に、

あひるさんが
「完走おめでとう!」
のメッセージが入った
可愛い小バラの飾りの付いた
手作りの金メダルをくれました!!

初フルを完走し、目標達成した
ももさん、1000さん、ふみの3人に
お揃いのメダルをくれたのです・・・。

感動して更に泣きが入るふみ。

洞爺湖マラソンは完走証が後日発行なので、
他の人は何も貰ってないので、
首からメダルを下げた3人は
とっても目立っていたと思いますw
このチーム入賞者3人?!みたいな。

でも、それぞれの結果は
金メダルの値はあったと思います!
みんな頑張ったし!
本当に嬉しかった!!!!

頑張った女性陣のさわやか笑顔とは対照的に、
イマイチ盛り上がってない男性陣・・・

どうやら目標達成できたのはごく一部で、
ちょっと残念な結果だったようです。

次だよ次!
まだ北海道のマラソンシーズンは
始まったばかりさ☆

因みに、
「折れない心」
というメッセージの横断幕を
何箇所でも見て、勇気付けられたけど、
実はふみ、心が折れそう
とは一回も思いませんでした。

完走はできる
という自信は何となくあったので、
不安感や挫折感がかなり少なかったのかもしれません。

ハードル低かったのか?
とも考えてみたけど、
スタート地点では、
こんなにスイスイとそこそこのスピード出して
走れるなんて予想外でしたから、
思った以上に本当に良く走れたんだと思います。

月浦温泉ポロモイに入って
水風呂に浸かりまくり、

かたくりというトラック野郎御用達の店で、
ビール&ギョウザで一杯やりながら
エビ入り塩ラーメンとライスを注文したら、
ダイナマイト級の盛りラーメンが来て、
ライスをカナリヤさんとブラックダックさんにあげたくせに、
帰りに寄った中山峠であげいもを買って
お腹空いたので、夜に食べちゃったふみです。

ラーメン食べておなかいっぱいになった筈なのに・・・
恐るべしマラソンのカロリー消費量。

hiroroさん、応援&家までお送りありがとう!
足がロボットみたいな動きになっていたので
大変助かりました☆w


ふみは、10年近く前・・・確か病気で休業していた時に、
やなぎがこの洞爺湖マラソン5キロに参加して、
それを応援しに来て、
やなぎ&走っている皆さんの姿に感動し、
マラソンをやってみようと思ったので、
そのきっかけとなった大会で、
フルマラソンに挑戦し、完走できたという事実は、
非常に感慨深いものがあります。

自分自身も感動して泣いちゃったけど、
多分、おそらく、
少しは他の誰かの励みになっていたり、
感動のおすそ分けはできているのではないかと
思っています。

私自身が、10年近く前に感じたように。


仕事でなかなか練習時間が確保できず、
焦った時期もありましたが、
できる範囲で、怪我も無く、少しずつ
練習できたのが、この結果に繋がったんだと思います。

そして見守ってくれた、
家族、お友達、会社の子、HYRの仲間
皆さんのお陰でここまで来れました。

特に、
ここまで丈夫に育ててくれて、いつも応援してくれる家族、
更に
練習会などで私をここまで引っ張ってくれたHYRの仲間には
本当に感謝しています。
どうもありがとう。

走るのはあくまで自力で一人だけど、

一人で参加して完走するのと、
仲間がいて完走したのとでは、
絶対に感動度合いが違ったと思います。

ふみは幸せ者です☆

次に向かって楽しく精進して参りますかぁ!


初フルマラソン完走記。
完。

|

« 洞爺湖マラソン完走! | トップページ | 金メダル »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

あ、コメントが書ける!!笑

初フルマラソン完走、おめでとうございます☆
ゴール後のふみさんの涙にもらい泣きをして、今また完走記を読んでてウルッとしちゃいました。

マラソンて、走る人も周りの人も感動させる、すばらしいスポーツだなぁって。

いつもニコニコしてるふみさんが大好きです☆
これからも一緒に走ってください♪

投稿: 電池 | 2010年5月25日 (火) 22:55

初フルおめでとう!
なんだか、ほんわかしました。

ありきたりなことしか言えないけれど、ふみさんのゴールまでの頑張りや周りのあたたかい支えを感じられて、感動しました。

そして、正直、あひるさんからもらったフルの初完走メダルをとてもうらやましく思っていました!なんて・・・。私も頑張ります!エネルギーもらいました。ありがとう。

疲れをとって、また素敵な走りを見せてくださいね。

投稿: エアロ | 2010年5月27日 (木) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 洞爺湖マラソン完走! | トップページ | 金メダル »