« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月26日 (日)

利尻島一周悠遊覧人G 観光~帰着編

6月6日月曜日
朝風呂でスッキリ☆
やっぱ湧き水風呂が最高だぁ

この沓形港と公園の見える眺めともおさらばか・・・
ちょっと寂しい・・・
Dcf00063
(ふみの旅はお供としてベルギーから来た
チョコちゃんといつも一緒)

朝食は浴衣か普段着か
で迷ったんだけど、
折角なので浴衣姿で朝食会場へ。

Dcf00060 
さなさん浴衣じゃなーーいw
ホテルのシンボルマークが昆布と気付く。
カッコイイ昆布模様の浴衣でゴキゲンふみさん。

朝からごはんおかわりしてもりもり食べる二人。
ごはんおいしーーい♪
しかもシェフが挨拶しに来てくれた。
どんだけVIP待遇なんだ?

ゴハンを食べながら作戦会議。
昼過ぎのフェリーまでレンタカーで
島を観光することにしました。

フロントでホテルの担当さんが
私のツイートのリプ主だと判明!
ビックリ!!
世界は狭いなぁ。ていうかツイッターすごいな。

そしてホテルの担当さん達は
出発した車が見えなくなるまで
ずーっと頭を下げてお見送りしてくれました。
本当のホスピタリティを学んだ気がします。

お世話になりました。ありがとうございます!
いいホテルでした。
アイランドインリシリ
皆さんも是非ご利用下さい。

まずはふみの支店に行く。
本当は新入社員くんとお話しする予定が
彼は来なかった・・・大丈夫か?

採用したパートさんともお喋り。
身近なお店が見知らぬ土地にもあると
ホッと安心しますね。

お次はホテル裏の沓形岬公園へ
クロユリが咲いていますよ
とのこと。

二人で探すけどクロユリいない・・・
Dcf00058
みーつけたっ♪

もっと普通のユリのような
大きい花を想像していたので
小さくてビックリ。

イメージとしてはキキョウみたいな花でした。
かわいかったよ。

Dcf00059
どんとの碑も撮影☆

その後はレンタカー屋のおばさんおすすめスポットを
昨日走ったコースに沿ってぐるっと回ることに。

さなさんは観光ラン中も気付いて
見ていたという人面岩と寝熊の岩を見に行きました。

観光名所にあまり駐車場はありませんが、
車もあまり通らないので普通に路駐でOKです。

Dcf00056
はちまきおじさんの岩

Dcf00055
こちらは木彫りのクマが
うつぶせで顔を右に向けて寝ているっぽい岩

なかなか面白かった♪

更に進み昨日撮影した鳥居の場所へ。

Dcf00053
ここは北の厳島弁天宮というらしい。
前だけでなく四方がこの構えをしているという
珍しい祠です。
小さな鈴を鳴らしてお参り。

一応パワースポットっぽいらしいですね。
切り立った崖というか岩の上に
建立されている不思議な神社だからね。

昨日飲んだ湧き水「麗峰湧水」にも寄ってみました。
ふみは空いたペットボトルにボトリングして
持ち歩くことに♪やっぱおいしい水です♪

仙法志には走っている最中に
撮影するか迷った可愛らしいお宅と倉庫と諸々の家
があったので止まって撮影♪

Dcf00051
ね、お花模様がファンシーでしょ?

仙法志御崎公園では自然磯観察場が。
昆布もいっぱい見れます。

さなさんは逗子の地元を思い出している模様。
岩をひょいひょいと渡っていく。
Dcf00049
北の海!って感じで面白かったです。

南浜湿原とメヌウショロ沼は
昨日さなさんと再会した場所。

Dcf00048
気分転換に園内を1周したそうなので、
私も真似て軽くランニング♪
水芭蕉がいっぱいありました。

次に熊笹ソフトの食べられる
沼浦湿原のオタトマリ沼へ

結構大きい沼です。
今日はソフト食べてもいい天気&気温

何故かいるリスのぬいぐるみと一緒に
Dcf00046
いただきまぁーす

Dcf00044
あーん。
食べさせてるさなさんw

中で温かい熊笹茶も無料で飲めます。
おいしかったよ♪

ソフトを堪能した後は沼浦展望台へ

観光バスも停まっていました。
いい景色

ここで何故かパンの直売カーを発見。
値段も書いてないしパンの種類も
見ただけでは良くわからないという
アバウトな販売方法

試食も大胆に振舞ってくれます。

稚内からフェリーで来てるのかと思いきや、
利尻でやっているパン屋さんだという。
結構美味しそうで観光客もおばちゃん達も
モリモリ買っている。

そこでカボチャデニッシュと
クリームとチョコのデニッシュを買う。
さなさんには生キャラメルパンなどを。

更に車を走らせ、石崎消防倉庫の辺りで
小休止

眺めがキレイ・・・
Dcf00042
下を見ていたらテトラポットの
隙間を長い尻尾の小動物が通過!

おこじょか?!イタチ?
スゴイの見たねー!と二人でビックリ
(調べたらイタチっぽいです)

野塚展望台は昨日利尻富士が眼前に広がった
最高のロケーションの公園
Dcf00040

雲丹御殿といういかにも!な名前の
旅館がすぐ傍にあります。

Dcf00041
足元は石で作ったお花が色々あって
可愛かった。

ここでさっき買ったパンでお昼にしましょう☆

いい天気
Dcf00039

Dcf00037
利尻富士のパワーチャージ!
(指が写ってるのはご愛嬌)

Dcf00035
若ランジャンパーのモデルです♪

パンも美味しくって大満足☆
日焼けがコワイ。

次にちょっと奥まった場所にある
姫沼へ。

ここから利尻富士への登山ルートもあるそうです。
沼に辿り着くまで橋を渡ったりと
ちょっと距離がありました。

観光バスも停まっていて名古屋から来たという
小さいポン山のハイキングを楽しむ
ツアーの皆さんとちょっとお喋り。

Dcf00033
姫沼到着♪

湧き水が。
野生児なので二人とも飲みました
(大丈夫か?)

さなさんのアイフォン動画で
姫沼レポをしてみたり

最初は何の音か分からなくて
湧き水の音かな?と思っていたのですが、
沼には大きな魚や小さな魚などがいっぱいいて
たまにバシャッ!と水音を立てていました。
Dcf00031

天気はやや曇りだったので、
水面に映る逆さ富士は見れず・・・

Dcf00028
でもいい景色。

Dcf00027
記念撮影♪

それにしてもこのさな&ふみコンビ。
お揃いジャンパー着て二人できゃいきゃい観光してるので
傍から見たら仲良しカップルに見えるのかもしれないなー
とか思いながら歩いていました。
(年齢差10歳)

最後にフェリーターミナル近くの
喫茶店に寄ってペシ岬の頂上まで上りたかったけど
タイムリミット

ペシ岬の良く見える場所で
最後の利尻を楽しむことに

Dcf00025
ペシ岬
利尻島のお出迎えもお見送りも
この岬がしてくれます。

Dcf00024
Dcf00022
知らぬ間に色々撮られていたらしい。

楽しい時間はあっという間
Dcf00019
このフェリーで帰ります・・・
最後の利尻富士と一緒に撮影

Dcf00016
さようなら利尻島。
ペシ岬ともお別れです。

帰りは私もビールを買って
さなさんとデッキで島にお別れ
Dcf00014

Dcf00011

Dcf00009
寂しいなぁ。

デッキではおかきをカモメにあげている
ご夫婦?が

おかきを一袋分けてくれたので
ふみもカモメにあげてみることに
Dcf00007
空中キャッチ
うまいっ!

どこまでも着いて来ます・・・
利尻富士とカモメの美しい写真。

そして稚内近くになってから
イルカもフェリーを追いかけて来ているのを発見!

さなさんと盛り上がりました☆

稚内に到着
Dcf00005
そして向こうから来た電車に乗ります

Dcf00004
最後の記念撮影

帰りはセイコマで買った
おつまみを食べてビール飲んで

結局ずっとお喋りしていて
一睡もせずに札幌到着。

札幌に戻ってきて感じたのは
「都会に来た」
ということ。

利尻の島は不便かもしれないけど、
人本来の色んなチカラを
蘇らてくれるような感覚になりました。

あんなに走って動いてたのに
ぜんぜん疲れなかった。

自然のパワーに抱かれてとっても元気になって
帰って来た気がする。
離島っていいな。
と感じさせてくれました。

とにかく楽しかった!!
来年も出ようかな?

みんなで行ったら絶対楽しいよ!
という利尻島一周悠遊覧人Gの旅でした。


サロマ前日に空気読まずに更新しちゃいましたが
利尻島のパワーを思い出し、
サロマ完走祈願も込めて☆

|

2011年6月25日 (土)

利尻島一周悠遊覧人G 大会~後夜祭編

6月5日超早朝。
起きて身支度。
意外とそこそこ眠れた感じ。
いつもの大会の朝と同じ準備をする。

ホテルのフロントで温かいおにぎりをもらい、
4:45出発!
会場へ向かうバスの中で朝ごはん♪

さなさんは昨夜宴会で余って持たされた
大量のおにぎりを少し消費してきたみたい。

りぷらに着いて荷物を置いて貴重品を預ける。
ゼッケン番号をその場でビニール袋に書いて預けるスタイル。
昨日司会して同席していたおじちゃんが
受付してくれました。

霧雨で気温も低く風もある天気。
利尻富士はそこに山があるのかすら
分からないような雲だらけの状態。

ウィンドブレーカー着るか迷ったけど、
ポンチョやビニール袋を被った人が割と多かったので、
hiroroさんにアドバイスされて持参していた
ビニール袋をポーチから出して、
腕と首の穴を作り簡易ポンチョにしました。

経験者のアドバイスは有効ですね☆
hiroroさんありがとうございます!

5:20集合のところ、のんちゃんがギリギリ到着。
5時起きですっとんで来たとのこと
よく間に合ったw

バナナとパンケーキを1枚食べて
最後のはらごしらえ。

開会式は昨夜やっているので
当日は諸注意と記念撮影のみ。

電気工事で使うような車のハシゴ上から
カメラマンさんが撮影してくれました。

いよいよスタート。
トイレに行っている間にさな&よっちゃんが
最前列を占拠。

サ○○ラTシャツで目立ってカメラ映らないと!!
と言われて私も最前列へ。

URCのN渡さんの前になっちゃって
N渡さんの前なんて恐れ多い
と言いながら笑われてみたり。

カウントダウン
10、9、8、7、5、6、(エッ!?)
ここで笑いが起こる。緊張感なしなし。

4、3、2、1、
パーン!スタート!

さな&よっちゃんはものすごい勢いで
飛び出していったので私は着いて行けず。

だって55キロもあるんだよ。
ゆっくり行かなきゃ
と思いつつ少しハイペースでスタート。

霧雨と風という天気だけど、
ツライというほどでもなく
まぁまぁ走りやすいコンディション。

6時という朝早い時間から
家の前で応援してくれる人も多数。
嬉しいな。

しばらくは鴛泊の町を走る。建物が並ぶゾーン。
ここから沓型までは平坦なコースが続く。

Dcf00091
ランナー走行注意の表示
こんなの見たこと無い

Dcf00087
消防署の前にはこんなものも
すごいなー。

沓形手前の直線道路で
お揃いのTシャツ集団を捕らえる。
Dcf00088
ゴレンジャー?
「愛」の文字が目立ちます。

後ろから撮影していいですかー?と聞くと、
フォーメーションがあるらしく
整列してくれました

この若者達は素人集団
スポーツ経験者ばかりだそうだけど、
レース経験は無く、練習も最高20キロ
ノリで走りに来た北大院生とのこと

若いってスゴイ。

ふみは会社Tシャツを着ていたので
その話題からしばらく一緒に走ることに。
走るコツやコースのこと就職について
など色々お喋りしてエイドで一時お別れしました。

ちょっと行くと私の前の番号のカップルに遭遇!
連番ですね♪とお喋りする。

沓形エイドでは噂のもちが!!
hiroroさんやたっかさんが
おいしいから食べろ!と言っていた
地元のお菓子屋さん特製もちです。

ほんのり甘いけど
そんなに味がしない・・・私味覚おかしいかな?

ちなみにエイドは大体5キ間毎にあるので
給水の心配はありません。
町の公民館的な施設がエイドなので
トイレも靴のまま入れるしトイレの心配もありません。
給水は全部飲んだし、トイレは2回行ったかな?

利尻の店の前を過ぎたところで
社員のYさんが自転車に乗って
傘を差して私を探しに来ていました!

「大丈夫?つらくないー」
と聞いてくれたけどまだ10キロ程度だし
「ぜんぜん平気だよー!応援ありがとう!」
と返してお別れ。
朝早くからありがとう!

この辺りは利尻町の中心部
会社Tシャツをアピールして
よろしく~♪
といいながら手を振ってニコニコランしました。

ちょっと行くと海に向かって鳥居が。
Dcf00085
ひとまず撮影。

ここは海に向かった鳥居だけど、
利尻島にはかなり多くの小さい神社と鳥居が
存在していました。不思議。

更に走ると有名な湧き水が。
手前のエイドでは給水せず湧き水の蛇口をひねる
Dcf00084
「うめっっ!」
(はしたない言葉ですがご容赦を)
美味しかったぁ!元気もチャージですっ

さっきのゴレンジャーと並走していた時に
一緒にいたナイヤガラのおじさんと
お喋りしながら走る。
まだこれからですよねーなど会話する。

2つ目のもちエイドでも
オモチゲット!
更に親切なおじさんがバナナを向いてくれたので
バナナ2本も食べちゃいましたw

この大会はエイドの皆さんが
優しくて温かくて大会を盛り上げようと
している姿勢が見えて嬉しい。
島全体で歓迎してくれている感じ。

この先は結構アップダウンが細かくあるコース。
仙法志を過ぎると小さい沼が。

そこからひょこっとさなさん登場☆
しばらく一緒に走ることに。

オタトマリ沼は大きな沼。
ここは熊笹ソフトがあるけど寒くてちょっとなー。
このエイドでまたさなさんと別れて先を走りました。
結構坂がキツイエリアです。

ここでまだ半分くらい。

鬼脇の辺りでゴレンジャーの
一部が追いついてきました。

レッドとグリーンが負傷したらしい!

残りのメンバーもキツそうだけど
よく走ってるよ!
また少し一緒に走ってお別れしました。

鬼脇エイドではりっぷちゃんが!!!

どうやらスタッフさんが名簿見て
名前を呼んで応援してくれてたみたいだけど
りっぷちゃんに夢中で全く気付かず。
(ふみの異常な集中力)
Dcf00083
りっぷちゃーーん!とハイタッチ☆

ここで30キロ過ぎの筈。
実は疲労感が薄くて
足もいつものレースに比べるとぜんぜん楽でした。

25キロ過ぎるといつも足の裏が痛くなるけどそんなことも無く。
島のパワーのお陰?
それともファンランだから?

さなさんが追いついてきて
利尻富士ちょっと見えたね!
と言っていた。
私は見れなかったけど見えるのかな?見たいな。

この後、ものすごい虫ゾーンがあり、
顔に小さい虫が当たるほどいっぱいいるエリアを走る。

ここを過ぎると応援もあまりなく、
島の日常を感じられる。

普通に家の前で木を切ったり
機械をまわしていたり、
仕事をしているおじさんも目に付く。

こんな風景もいいな。

ワンウェイだと常に景色が変わるので
飽きない。

そして海が近いし山と緑がいっぱいで
走る以外の楽しみが多いのは良い。
車も殆ど来ない。
空気もキレイ。

エイドも皆さん親切で
あったかい。

島ってこういうものなのかな。

鰊泊の辺りで42.195キロの
フル越えをした筈。

道が狭くて坂でという
走りにくい状況の中、
一人「フル越えた!」と叫んで気合入れ。

あと10キロちょっと。
6時間20分は無理だけど
できれば6時間30分位で走れればいいな。

この先は鴛泊までゆるやかではあるけど
ゴール手前は結構な登り坂が幾つかある。

天気も晴れて気温も上がって来ていました。
野塚岬を大きく左に曲がると
利尻富士が顔を見せてくれました!

美しさに感激して思わず記念撮影。
Dcf00082
雄大で力のある、それでいて優しい山。
利尻富士も応援してくれている!!!
ここでも山パワーをもらい元気になりました!

もう寒くならないと思って
ここでビニール袋をようやく脱いで
腰のポーチに引っ掛けた。

青看板を見てどんどんゴールが近いのが分かる。
遠くからゴールで叩いているであろう
太鼓の音が聞こえる。

あそこまで頑張るぞ。

流石に足の疲労感も出てきて
ペースは下がっていた。

おじさんに抜かされる。
「速いですねー」
と声を掛ける。

会社Tシャツを見て声を掛けてくれた
ウルトラランナーのおばさま。
流石に足取りが軽い。
利尻は3回目で当然サロマにも出るみたい。

利尻走る人はサロマ走るのが
当然みたいな雰囲気なんだけど、
さな&ふみみたいな利尻だけってのは珍しいのかな?

姫沼への道を越えて最後のエイド。
最後のおもちを頂く。
甘さを感じる。
疲れてるのかな?
そりゃ50キロ走れば疲れるか。

残り3キロ!と励まされて
がぜんやる気になる。

足の疲れはいつものフルより全然無い。
ゆっくり走っていたので
呼吸も全く上がっていない。
最後の追い込みイケるな。

ということでスピードアップ!

流石にまばらなランナーだったけど、
視界に捕らえた人はほぼ全抜きする勢いで
走りました。

上りのトンネルは涼しくて快適。
上り坂は得意だよ!
ペシ岬の大きな岩が近づいてくる。

鴛泊の町に入り、フェリーターミナルを越える。
最後に大きな坂がある。
ここを頑張ればゴールは近い!

幾つか角を曲がって
最後の坂へ

さっき抜かれたおじさんを捕らえる!

おじさん振返る!
ペース上げてるし!!

追いつけない!キーっ

最後に両手を挙げてゴール!
Dcf00080
ゴールテープを一人一人用意してくれているので
ふみもゴールを切れました。

6時間37分

ゴール直後に
さっきのおじさんが
「まさか追いつくとは思わなかったー
最後にゴール譲ろうか迷ったけど
先にゴールしちゃった。アハハ」
と言いに来ましたw

後で調べたらこのおじさん
埼玉から来ている人だった。
またどこかで会えるかな?

さなさんが来ないので
ゴールする人を応援しながら外で待つことに。

日差しが眩しい。
いつの間にかいい天気になっていました。

ふみのゴール後30分位してから
さなさんゴール☆
Dcf00079
寄り道ランが楽しかった模様。

二人で景品を貰って中の会場で
軽食を頂く。

まさかゴール後に軽食が食べられるとは!

Dcf00077
豚汁にごはん
昨日の残りの魚を生姜煮にしたもの
バナナも食べ放題!
おいしい~~~~☆嬉しい~~

一通り食べ終わった後は
ピストン輸送で温泉まで運んでくれるサービスも。

利尻富士温泉保養施設

Dcf00076
流石に靴箱がランシューだらけw
温泉はいいお湯でした。

また会社Tシャツを着て後夜祭に備える2人。
帰りもりぷらまで輸送してくれます。

りぷらに戻ると
制限時間の4時ギリギリのランナーが
帰ってくる時間でした。
Dcf00075
日も傾きかけてやや西日が眩しい感じ。
すっかり姿を見せた利尻富士と一緒に
最後に頑張る皆をさなさんとゴール付近で応援。

ゴレンジャーが帰って来た!
最後の負傷した2人は杖をつきながら帰還w
良く帰って来たよーーー!!

すっかり仲良くなったので一緒に喜んで記念撮影☆
Dcf00074
「なまら初心者」の皆さん。
また札幌で会えるとイイネ!

最後の最後、ラストランナーが帰って来た。
その場の皆で大応援!
太鼓の音も後押ししてゴール!!
拍手!拍手!
このアットホームな一体感はたまらない。

そしてこの後はお楽しみの後夜祭。

後夜祭ではのんちゃん&よっちゃんと再会☆
Dcf00072
このそれぞれ私より30分、1時間早い
ゴールをしていました。スゴイ!

後夜祭は飲んじゃうゾ!

まずはうに汁!!
Dcf00070
このうにの量見てください!!
すごーーーい
おいしいーーーーー

更にお昼の豚汁の残りも頂く
Dcf00073
煮魚、おにぎり、乾物もいっぱいで
酒の肴がもりもりです。

のんちゃん所属の楽走の方とご一緒させてもらう。
2位入賞したK川さん。すごーーい!

OGAMANさんともお喋り♪
北海道ランブロガーの王様
とふみは勝手に思っているので
ちょっとスターとお喋りした気分。
ずっとお酒飲んで写真撮ってツイートしていた模様w
楽しかった♪

5時20分には最終フェリーで
帰る人は出なければいけないという。

のんちゃん&よっちゃんは帰る組なので
会場を後にする。

私とさなさんは最後まで
後夜祭に参加してから
フェリーターミナルで皆さんをお見送りすることにしました。

会場へ向かう途中で
札幌から来たおじさんと一緒になる。

利尻のこの信号は最新型の発光ダイオード信号で
北海道はココと札幌駅前南口の
2箇所しかまだないんだよ。

天皇陛下が利尻に来る予定だったので
設置したんだけど
震災で来れなくなっちゃったんだよ
と言ってました。

幾つかしかない利尻島の信号が
こんな最新型ってのが不釣合いで
ちょっと笑えたな。

夕栄えする桜
札幌より1ヶ月弱遅い開花です
Dcf00068

フェリー乗り場に着くと丁度出向時間。

入賞もして太鼓も叩いていた
W木さんと一緒に波止場でお見送りすることに。

のんちゃん&よっちゃんもデッキに出て
手を振ってくれました。
姿が見えなくなるまでお見送り。
Dcf00067
手を振るよっちゃんの白いウィンドブレーカーが
よく見えていました。

昨日のたかひとさんも
こんな気持ちだったのかな。

フェリーが向こうを向いて稚内を目指し
遠くなっていくのを見届けて
私達も会場に戻ることに。

W木さんとおしゃべりしながらの帰り
楽しい時間でした。

Dcf00066
利尻の夕日に向かって走るさなさん!

りぷらに戻ると丁度ホテルの
お迎えが来てくれていました

帰って更に夕食です☆

結構おなかいっぱいだったけど、
まぁ食べれるでしょうと思って行ったら・・・

Dcf00065
じゃーん。豪華膳です。

良く食べる強い子良い子ランナーの
2人でしたが流石に一瞬ビビる。

更に色々出てきましたが
基本的に完食しましたよ!

ふみはカニに夢中になっている姿を
さなさんに撮影された・・・

その後は屋上に出て星空ウォッチング☆
の予定でしたが、
雲で全く見えず。

天気が良ければ満天の星空が
楽しめるんだろうなぁ・・・
また見に来たいな。

気分だけ味わって終了しました。

部屋に戻って
参加賞をゆっくり撮影
Dcf00064
利尻!って感じですね。

私の根付はりっぷちゃんだったけど、
さなさんはりっぷくんでした。
2種類あったらしい。

この日は筋肉痛と疲労感に促されて
ゆーーっくり就寝。
おやすみなさい☆

観光編に続きます。

|

利尻島一周悠遊覧人G 出発~前夜祭編

6月4日早朝。
さな職場前集合。
2泊3日利尻の旅に出発です。

朝からストロベリークリームソイラテを片手に
ゴキゲンでJR乗車。
速攻ド派手なサ○○ラTシャツをさなさんへ手渡す。
若ランジャンパーと黄色いTシャツで
いかにもスポーツウェアです!って格好で
北の果てへと向かいます。

一緒に行くと決めてから、
行きの電車は喋っているうちに着くよ
と言われていたけど本当に退屈はせず。

一人で稚内往復を何回かしている身には
旅は道連れの良さが沁みます。

三浦綾子の作品で有名な塩狩峠
塩狩駅の近くの顕彰碑をさなさんが教えてくれました。
今はなだらかな線路だけど。
心の中で黙祷。

豊富辺りで牛が多くなってくる。
ちょっとウトウト(写真撮られた)

稚内駅到着☆

Dcf00113

なんとホームでのんぽちさん(以下のんちゃん)
と会いました!
仕事の都合で行けるかどうか・・・
と聞いていたので良かったね!
道連れさらにもう1名追加♪

新しい駅舎は初めて。
3月の出張時には南稚内駅を利用していたので。
線路をまたがず狭い待合所を通り、
まずは傘が壊れそうな風雨の中フェリーターミナルへ向かう。

とりあえずチケットを買って
「お天気屋」という
鉄の集まる(でも普通の人も大丈夫な)喫茶店で
遅いお昼を食べることに。

マスターが一人で切り盛りしているお店
ハヤシライスを注文♪
Dcf00112
料理は時間かかるけどなかなかおいしかったよ♪

礼文マラソンに出ている筈の
たかひとさんとフェリー乗り場で会えるんじゃない?
ということになって連絡をしてみたら
礼文は不参加で足のケアをしに稚内に来ていて、
今は稚内防波堤ドームで走っていたとのこと。

治療の時間までまだ間があるので
会いに来てくれるらしい!やったぁ☆

そしてアシックスのウィンドブレーカー姿でたかひとさん登場。
ここ本当に稚内なんだよね?w
このメンバーでこんな所で会ってるのが不思議な感じ。
そのまま稚内副港市場に連れて行ってもらう。

たかひとさんはそこの温泉で汗を流すので、
その間私達は市場見学♪

昔の小樽よしもとみたいな
レトロな町並みを模したゾーン
Dcf00111
カナリヤさん

Dcf00110
船の形の甲板からタイタニックごっこできそう

稚内港の歴史や展示物を見れるコーナーもあり
外には屋台もあるし松坂大輔スタジアムもある
結構遊べそうなゾーンです。

あっという間に1時間経過して
湯上りバージョンのたかひとさん登場

フェリーターミナルまで送ってもらって
さらにお見送りまでしてもらいました☆

いってきまーす
Dcf00107

外まで来てくれて私達が見えなくなるまでお手振り
ありがとう!!
とっても嬉しかった!

Dcf00106

さて、船内では「酔う前に酔え」作戦が展開中
ふみは船酔いがコワイので
一応酔い止め飲んだし炭酸水でカンパイ!
Dcf00105

マラソンの集団も結構乗っています。

波は穏やかで殆ど揺れずに利尻島到着

大会スタッフが垂れ幕でお出迎え。
Dcf00104
さなさん何気に写りこみ・・・

雨だったし、会場まで遠いので
送迎やっていないのかを聞いてみたら
そのスタッフさんが輸送してくれるとのこと。
ありがたい!

利尻富士町福祉部マイクロバスに乗車して
受付&前夜祭&スタートゴール&後夜祭の場所となる
メイン会場「りぷら」に到着
新築らしく新しい匂いがします。

ここで枝幸のよっちゃんと会う☆

受付をして前夜祭参加者のゼッケンを着用する。
畳の部屋を自由に使ってゴロゴロして開場待ち。
この辺のユルさが田舎ならではで良い。

記念Tシャツはいいとして
ポスターまでが売られていたのにはビックリ
(売れるのか???)
破格の安さで干物、昆布ラーメンが売られていたので、
干物とラーメンをお土産に買いました。
インスタントラーメン日本一に輝いた美味しさらしい。

トイレに行っている間に開場していたので、
遅れて入るとさな&のんちゃんがいないー(汗
ぐるぐる探していると座る場所を探しているように見えたらしく
おじちゃんにココ座りなさいと何回もナンパされるw
友達探しているんですー
と1周半してようやく見つけた!

最前列のテーブルに腰を下ろす。
同じテーブルには釧路&北見からご参加されたご夫婦と
司会でもある大会スタッフさん
(多分そこそこ偉い人)

Dcf00103
テーブルには一つ一つ手作りのてるてるぼうず。

Dcf00101
そして大きいおにぎりと海産物が♪

Dcf00100
うにぎり!

むらさきうにとえぞばふんうに
えぞばふんうには色が濃くて味も濃厚
むらさきうには上品で香りがよい
ふみはむらさきうにが好きですね。
何もつけなくてもおいしい!
Dcf00099

利尻のうに最高です♪
Dcf00098
わーい♪

これ以外にも、ほっけ、鮭のカマ、いか、ホタテ
を焼いたものが食べ放題
&アサヒスーパードライとアサヒ飲料のジュースが飲み放題

式では8回以上参加している方の紹介があったり
利尻富士町マスコットの
りっぷくん、りっぷちゃん
(両方同じ名前・・・)
の紹介&記念撮影会があったり
Dcf00096
ふみ大騒ぎ!!!!

同じテーブルの皆さんとお喋りしたり
よっちゃんのいる楽走のテーブルまで遊びに行ったり
楽しかったぁぁ

しかし、こんなに飲んで食べて
皆さん本当に明日55キロ走るんだろうか?

閉会してからホテルのお迎えを待つ。
私達は利尻富士町ではなく利尻町のホテルに
宿泊したのでちょっと遠いのです。
といっても15分程度で着くのでそんなに不便は感じませんでした。

でも、ココは会社でお世話になったホテル
とのことなのでとても良くしてもらえました。

Dcf00095
広っっ!
ツインのシングルユース
しかも最上階オーシャンビューです。

遅い時間でしたが、
お風呂入っても大丈夫と言って下さったので
貸切温泉状態で入浴してきました。

昆布風呂、温泉、湧き水沸かし湯
どれも良かったです。

露天の湧き水沸かし湯が
とってもやわらかいお湯で気に入りました☆

翌朝は3時半起床。

身支度をして就寝・・・
おやすみなさい・・・

|

2011年6月21日 (火)

スイーツマラソンは甘くなかった・・・

6月19日の第三回スイーツマラソンin北海道・ルスツに参加してきました。

この大会は、以前週刊文春に第一回大阪大会が掲載されていたのを見て、
絶対に北海道にキャラバンが来たら参加しよう!と思っていた大会。
なので、実質2回目の開催となる北海道大会は速攻申し込みましたとさ。

まみタンの車でうちの近くを朝6時過ぎに出発。
レイン&りょう☆さんとの4人旅です。
特に東京出身のりょう☆さんは初めて行く場所ばかりということで、
観光も兼ねたドライブって感じ♪イイネ!

途中の中山峠でトイレタイム。

こんなアスパラのオブジェあったのですね。
Dcf00270
りょう☆さんとアスパラの図。

キラキラのアスパラ。
(喜茂別町はアスパラ名産地)

顔ハメ板がっっ!
Dcf00272
当然撮影。

男子2名巻き込んで更に撮影。
Dcf00271
カメラマンのまみタンが
あまりの面白さに震えてなかなか撮影できず。
確かにウケる画ですね。

8時前にスルツ到着☆
遊園地に入ってアーケードを抜けて体育館へ。
お店が色々並んでいて飽きなさそう。
そして一応ホテルでもあるので
雨風寒さ暑さが凌げてゆったりできるのは
この会場ならではで中々良いかも。

体育館に到着☆
しかしハーフの受付が始まっていない・・・
でも何とか受付してくれました。
そして各種目50人ずつしか参加者いない。
これは狙えば入賞アリかも?!

参加賞はこんな感じ
Dcf00268

体育館の壁際にスペースを確保して
ころさんと合流し、貴重品をフロントで預かってもらったり
諸々やっていると開会式の時間に。

元モーニング娘の吉澤ひとみさんと
札幌国際大学のカーリング部の女子が
ゲストで来ていてにわかに盛り上がりました。

ファイテンの人と一緒にみんなで準備運動♪
しかしこれがなかなかキツイ!
今度から走る前に取り入れようっと。

9時15分スタート親子の部の応援&スイーツエイドと
スタート地点の確認に行きました。

Dcf00265 Dcf00264
こんな感じ。
Dcf00263
バナナさんとバナナ撮影。

Dcf00254
よっしーもエイドやっていたよ。
ころ&りょう☆さんは
よっしーと握手してもらってめちゃテンション↑↑w

そして走って行くキッズを見守っていたけど、
とんでもない高いところまで走って行くのが見える。
Dcf00260
ていうかこのスキー場の坂を上るのかい?!

ちょっと暑いけどいい天気♪
Dcf00261
ダイノジ
Dcf00258
ごろーん☆

ふみもヘソ浴しました。
おひさまパワーチャージ!

この後体育館に戻ってだいき&1000さんと合流。
そしてお初のなぎらさんが旗を見て声掛けしてくれて合流。

お腹が空いてきたので
まみタンと向かいのセブンイレブンに
100円おにぎりを求めて買出しへ。
2個買ってもぐもぐ食べました。

10:45からは10キロBがスタート。
りょう☆さん、レイン、ころさんの出番です。
Dcf00252_2
いってらっしゃーい♪

旗を持って上の坂で応援する。
1周目はレインが速かったけど、2周目からは
確実な走りを見せるりょう☆さんが快走!
ころさんもニコニコ走っていました。

しかし、坂が相当キツイらしい。
ううむ。

残りの全員は12時からのハーフ参加。

ガチランする気は無かったので、
ゆっくり走ろうと思ってました。
特に1周目は様子見で。

よっしーの号砲でスタート!
2.1キロ周回コースを10周します!

ホテルの横の坂がキツイ
と聞いていたけど。なるほどコレか。
でも旭山公園や円山西町の坂よりはマシかなぁ

上りきっても緩やかな坂は続く。

お馬さんの辺りは匂いがするけど
まぁ大丈夫。

上りきって下りになると
「あひるレース」の看板が見える。
あひるさんがレースしてるんだぁw
本物のあひるさんはママチャリレースだけどね。
何だか和みます。

フリーフォールを折り返すと一気に下り坂。
坐骨神経痛がコワイふみなので下りは相当ゆっくりです。

そしてスタート地点へ。
スイーツエイドで給水しようとしたら
スポドリ切れて無いとのこと。
ありえないでしょ!!!!

仕方ないので水をもらう。

さっき応援していた場所で
10キロ組の3人が応援してくれていました♪
第2エイドをやっていてくれたので、
そこでも軽く水をもらいました。
そしてレインに体育館に置いて来たメダリストを
持ってきてもらうよう指令しました。(パシリ?)

2周目以降はマイペースで。
前半の急な上り坂は割と平気。
バンバン抜かすけど、下りで抜かれる感じ。

ポカリとアクエリアスもエイドに復活していて助かった。
第2エイドではメダリストを見つけられなかったけど
代わりに持ってきてくれた炭酸水でリフレッシュ☆
第2エイドは本当に助かったよ~!

3周目で作田さんにアッサリ抜かれましたw
あと、周回だと仲間とエール交換できるのが嬉しい。

5周目位までは平気だったけど、
それ以降、何だか胃が痛くって気持ち悪くて・・・
どうやらおにぎりを消化しきれていないみたい。

初めて走りながら吐きました。
ていうか咽まで胃液上がってきたのを飲み込んだw

去年のこの日も小樽のレースに出ていて、
朝におにぎり2個食べてお腹痛くなって
散々だったのを思い出す。

同じ失敗繰り返してるぅぅ~。

教訓:ハーフのレース前は食べないこと

足も呼吸も平気なんだけど、
兎に角気持ち悪さとの戦い。
流石にペースもどんどん下がっていきました。

ラスト3周目でなぎらさんが追いついてきて
並走してくれました。
お喋りすると気が紛れるし、
呼吸が楽になるので助かりました。

ラスト2周目では上り坂でフリスビーしながら
遊ぶ3人がw

りょう☆さんが並走してくれて
ラストのあの急な坂も一緒に走ろうか?
と行ってくれたけど、
あの坂をもう一回走らせるのは申し訳なさ過ぎなので
遠慮しちゃいました。
でも気持ちが嬉しかったなぁ☆

ラスト1周は根性で。
最後まで歩かなかったのはエライと自分でも思う。

ゴール手前の下り坂も最後なので
スピード出してそのままゴール!

2時間36分
ワースト2でした。

因みに2.1キロ毎のラップ
1周目 13.58 
2周目 13.07
3周目 14.03
4周目 15.53
5周目 15.21
6周目 16.08
7周目 16.26
8周目 17.34
9周目 17.33
ラスト 17.36

腹痛以外にもエイド寄ったりストレッチしたりしたので、
何とも言えないけど、どんどんヒドくなってるなぁ

直後につぶやいたけど、
主催者はあのコースを本気で10周して
コース決定したのだろうか?!
通常ありえない高低差だし。。。

ゴールした後に午後から始まる
リレーで来ていたナイアガラのおばちゃんに
このコースでハーフ走ったの?!
エライわぁ・・・私は無理~・・・よく走ったね!
とお褒めの言葉を頂きました。

山坂あるコース。
余市やニセコや利尻など。
色々走ったけどここまでハードなのは始めてでした。
ていうか周回ってのがヒドイわ。

結局エイドでは全くお菓子を食べず。

終わってからも具合悪くて
口に入れる余裕などなかったので、
なぎらさんが貰ってきてくれた
ビニール袋にエイドのお菓子を詰めつめして
お土産にしましたw

因みに、頂いたのは
バナナ、侍プリン、マロンコロン、
白い恋人、ちんすこう、ういろう、札幌農学校、
などなど・・・

貰わなかったけど、あんドーナツや
ファイテンのクッキー、コアラのマーチ、トッポ、
抹茶カステラ、夕張メロンケーキ(カステラ状のもの)
シトラスマカロン、などなど色々ありました。

しかし口の中から水分無くすものが多い上に気温が高かったので、
生温かいお菓子をつまむのは躊躇する感じ。
開催時期も微妙だったね。
もうちょっと早い時期のが良かったかも。

スイーツという位なのでケーキバイキングに出てくるような
可愛らしいプチケーキなどを想像していたのですが、
実際はこんな感じだったので・・・
スイーツに関しては正直期待外れでしたね。
スポンサーも期待したよりは付かなかったという感覚です。

飲み物はアクエリ、ポカリ、水、コーラ
しかしハーフ開始時にスポドリが無くなるという状態。
主催者の読みが甘い。
甘くなくて良いところが甘いって・・・泣
でも、スタッフさんは一生懸命やってくれていましたよ!

体育館に戻ると、
まみタンが2位で呼ばれている!

表彰台へ。すごーい
Dcf00248
低周波治療器ゲットだす!

りょう☆さんも8位
初レースのレインも50人中20位と健闘しました!
Dcf00245
ふみは17人中15位。
まぁ完走しただけヨシとしましょう。

帰りは湯の花でリフレッリュして
中山峠であげいもゲット☆
Dcf00244

吐いたりして大変だったけど、
何だかんだで楽しい一日となりました!

しかし・・・・・・・・・
あのコースは次出ても良いけど10キロにしとこう・・・

次は利尻日記書きますね!
長くてすぐには終わらなさそうなので。

|

2011年6月 9日 (木)

初花火

初花火
札ド帰りです

まさか勝つとは…
継投メンツで完全に捨て試合かと思ったよ!

花火は微妙と聞いていたが確かに…笑

今日はドアラとシャオロン見に公休とって来ました!

楽しかった♪

早くニュー34みつをユニ着てドヤ顔観戦がしたいっっ

|

2011年6月 8日 (水)

利尻島に行ってきました( 短信)

利尻島に行ってきました(<br />
 短信)
今日も夏日の予感。
まだ衣替えしてないけど、今週はスーツ週間なので
まぁいいか♪なふみです。

おはようございます。


ちょこちょこつぶやいてはいましたが、
6月4日から6日にかけて2泊3日の日程で
利尻島に行って来ました。
(ベタな土産菓子みたいなフレーズ)

一番の目的は利尻島一周悠遊覧人G参加です。

お陰様で55キロ楽しく完走しました。
有難うございます。

とっても楽しかった!!!
また行きたいです。
来年はみんなで行こうよ♪

短信ということで
とりあえずのご報告。

写真はさなやまきしん先生撮影の利尻富士とふみ
指が写ってるけどそれはご愛嬌。

山のパワーを目一杯吸収している様を撮影してもらいました。

詳細はまた後程!

|

2011年6月 1日 (水)

恋の噂も七十五日…

付き合ってない人なのに
付き合ってる噂をされたり
恋愛感情が無いのにくっ付けられそうになることって
よくある話なんだろうか?

ふみは数回あります

のんきみたいにお友達で
確かに本当に仲が良くて、お買い物している現場を同級生に目撃された時は流石に
「こりゃ絶対勘違いされたな。あの好奇な目は」
と思ったけど

(しかもその時は片思いの彼へのプレゼントを選ぶのに
付き合ってもらっていた筈…)

ちょっと話してた位で噂された時は
何でだろう?と思ったり

それが本当に好意を持っている場合は兎に角、
そうでない場合はいつも困っていました。

だから恋バナ大好きな人(特に男性)に過剰反応してしまうのかな

お前は女子高生かっっ!

根掘り葉掘り聞かれるのも苦手

自分から好きな人の話をするのは楽しいけど
そうでない場合は…

何で突然、こういうことを言い出したのかというと、
通勤途中のスーパーの従業員出入口から出てきた警備員さんを見て

そういえば、前の会社で私と噂された人が
会社辞めて学生時代にアルバイトしていた
従業員出入口警備員のバイトに戻った

という話を急に思い出したから。

一度、フリーターになるとその後大変になるのに。
それでも古巣の居心地よさが勝ったのかな。

当時は私に彼氏がいたのに、何でかなぁと思ったし。
そんな冴えない男と噂になる自分にも嫌気がさしていた。
今思えば、小さなプライドを傷付けられたと思ったんだろうな。


噂されるだけ人に感心持たれてるのはいいことかも。
好きな相手と噂になるのは少し嬉しいかな。
あんまりないんだけどね。

素敵な人の噂になりたい☆

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »