« サロマ湖100キロウルトラマラソン~前日編~ | トップページ | サロマ湖100キロウルトラマラソン~後日編~ »

2012年7月 1日 (日)

サロマ湖100キロウルトラマラソン~当日編~

12:45起床
朝じゃないってば。

兎に角起きる。
睡眠はうつらつら眠った程度で
4時間眠れただろうか?という感じ。

着替えて顔を洗って化粧をして
ごはんを食べる。

昨夜食べ過ぎたせいで
ぜんぜんおなかが空いていない。
でも、これから100キロ走るんだから、
ちょっとくらい苦しくても食べておかなければ
と、納豆ご飯を1杯食べた。
あとはバナナとエネルギーゼリーも。

2時過ぎに昆虫の家を出発。
外はまだ真っ暗闇だ。

車に揺られて湧別のスタート会場へ向かう。
日中はこの辺りをどんな状態で走るのだろうか・・・

ふみのテンションを上げるために
V6のCDをかけてもらう。
ありがとうございます!
Be Yourself!の歌詞が刺さったなぁ。
「終らない チャレンジで 開くドアもあるはず」
とか
「すべての明日を駆け抜けて」
とか

あー。V6様ありがとうございます!
皆さん私のために
V6かけさせて下さってありがとうございます!
とテンションを上げつつ3時頃会場到着。

会場は小雨、霧雨、寒い。
上下ウインドブレーカー姿のまま
体育館へ非難。

Dcf00007
みんなで記念撮影

Dcf00006
若ランTシャツ組

Dcf00009
シャアと一緒に

ギリギリの時間でウェアを袋に詰めて
荷物預けトラックの係員さんへ渡した。

外に出て、円陣を組む。
管理人さなさんの掛け声で
「HYR全員完走するぞー!」
「おー!!」
真ん中に手を合わせて叫んだ。
ワクワクしました!

他にも円陣組んで
気合入れてるチームもチラホラ。

トイレには2回も行った。
アミノバイタルも飲んだ。

あひるさんはスタート直前でも
「実感沸かないなぁ」
と呟いていた。

私は昨日までのおかしいほどの緊張は解け、
ここまで来たらとにかく走る!
という普段の落ち着いた気持ちに戻っていた。

号砲と共にスタート!
ロスはほぼ2分ちょうど。

ふみの作戦はキロ6分50秒前後
トイレタイムを10キロ毎に2分
50キロ以降はペースダウンして
キロ7ちょい、80以降はキロ8前後
という計算で、
予定時刻とMAX時刻を設定し、
MAX時刻以内で完走するというもの。

120629_203636_2

不織布にマジックで書いて、
時計と服の隙間に挟んで走ることにしました。

スタート会場をぐるりと回ってサロマ湖方面へ
応援部隊のブラックダックさんと
こうたさんに手を振って出発!

霧雨ですぐに眼鏡が曇る。
寒くてさっき並んだばっかりなのに
トイレに行きたい気がしてくる・・・

序盤戦で利尻で昨年、今年とご一緒した
稚内のモンちゃんと並走。
まさかここでもお会いするとは!

彼女は
「トイレに10分並ぶからペース上げますね」
と言って先に行ってしまいました。
そんなに掛かるん???
ふみは6キロ45秒前後のペースで走りました。

10キロ過ぎでガマンならず
トイレ列に並ぶ。
皆さん感想を漏らしてましたが
びっくりするほど立ちションの方が多くて・・・

既に待ち時間は8分経過。
ぎゃー。
まるまる1キロ以上のロスをしてしまった!

三里番屋の折り返し付近で、
さなさんとヒナちゃんを発見!
そんなに離れていないらしい。

ここでは太鼓の応援がありました。

ここのトイレ空いてるなぁ・・・
来年以降はここで寄ろうと思うw

折り返してからの人数が
殆どいないことに気づく。
つまりはほぼ最後尾に近い位置で
自分は走っているということ。
ちょっと焦る。

ここを過ぎた辺りで、
空いていたトイレ帰りのさなさんと並走。
おしゃべりしながら走る。

千葉から来たトライアスリーターの
お姉さんとも会話。
もう何回もサロマを完走されているらしい。

キロ7で行けば必ずゴールできるから
急がないとのこと。

しかも、今年は涼しいせいか、
皆さん序盤のスピードが速く、
飛ばしているらしい。
いつもならこの程度のペースの人が
もっと大勢いるらしい。

それを聞いてホッと安心して
イーブンペースで進むことにした。
このお姉さんより私はちょっと速いので、
先に行かせてもらうことにしました。

ちょっと行くとヒナちゃんと合流。
トイレのタイミングを計っているらしい。
トイレで別れてまた一人で走る。

私も20キロ過ぎでもう1度トイレへ。
ここまで来ると、後ろも少ないし、
トイレの人数もかなり減っていて
4分程度のロスで済みました。

しかし、最初の8分以上のロスが
そのまま目標ラップのズレとなり、
ちょうど8分程度遅れたまま30キロ地点へ。

エイドで食物が出始めたので、
バナナと梅干をミックスして食べて
スポドリで流し込むという作戦で
しばらく行くことにしました。
スポドリはほぼ全部のエイドで飲みました。

この辺りでSRCのまついさんと並走。
「ダメかもしれない~」
といいつつも力強い走り。
まついさんもトイレに行きお別れ。

のどかな畑周辺を走っていると
ARESの調子がおかしい?
GPSが止まる。
ぎゃー。

充電満タンにしていたのに
GPSウォッチが終了。
3時間半しかもたなかったよ!
利尻では6時間半もったのに何故?!

ペース確認ができないよぉぉ(泣)

ここからは自分の体感で走るしかない。
40キロを過ぎるとサロマ湖が見える。
さっきまでの霧雨も止み、
サロマ湖がしっかり見えるようになっていた。

わぁ。キレイだなぁ・・・

20キロ過ぎから足の疲労感はあったけど、
まだまだ大丈夫。


それにしてもキロ何分で走ってるんだろ?

「ぷっ」の方が話しかけてくれたので、
キロ何分くらいですかね?
と聞いたら7分弱とのこと。
良かった。ペースはキープできていた。

ここで怖い話を聞く。
「42.195キロを5時間で通過できれば完走間違いなし
5時間10分以内で何とか範囲内かも。それ以上は厳しい」

えー???
ギリギリ???

一緒にゲートを越えたのは5時間1分
ギリギリ超えてしまった。
大丈夫かな??????

「ぷっ」の私設エイドにはのんぽちさんが
いたのでビックリ!
元気をもらいました!

利尻ではフル超えしてから
急激に脚の疲れが出て
全くスピードが出せなくなったので、
この後がこわいな・・・と思っていたのですが、
利尻よりアップダウンが少ないせいか、
全く疲れを知らずに寧ろ若干ペースアップして走れました。

40キロ以降は、サロマ湖を横目に
結構抜かして走っていた気がする。
この辺りでトイレも行ったかな。

50キロ超えても全然平気!
55キロエイド手前で応援団と再会。
いいペース!と言われて笑顔で手を振る。

エイドでは俵おにぎりを2個食べる。
その他諸々食べたような気がする。
ザバスのゼリーも一つ食べたな。

預けていた袋からは
六花亭の「北の国から」と
アミノバイタルゼリードリンクを取り出し、
さっさと戻して歩きながら諸々補給。

エイド滞在時間恐らく2分程度だと思います。

カナリヤさんやhiroroさんの助言通り、
そこから始まるのぼり坂は
食物と飲料をひたすら食べながら上がる。

食べ終わったゼリードリンクの
空き容器を手に握ったまま走り始めたけど、
長い間食べながら歩いていたせいか、
呼吸が戻るのにしばらく時間を要しました。

60キロエイドでようやく握っていた
ゴミから解放される。

この辺りで腸の調子が
おかしくなってきたので
(しぶり腹という感じ)
ビオフェルミンをガリガリ何錠かかじる。
割とすぐ効いてくれて有難い。

65キロ付近からちょっと小高い森林へ
これが魔女の森?

まだまだ元気だったので
歩いてる人、遅い人を
ホイホイ抜かしながら先に進む。

そこで目の前に穴の開いたタイツを穿いた
サロマンブルーゼッケンのおじさんが目に入る。

なんで穴開いてるんだろう。
直さないのかなー。
とか思いつつ抜かす・・・と、
「ちょっと待ったー!いいペースしてるから一緒に行こうや!」
と呼び止められる。

何だかめちゃ話好きのおじさんで
色んなレースに出ている有名人らしい。
楽しいレースのお話、全国に仲間がいるお話、
私も色んな話をしました。
ずーっとお喋りしていたから
周りのランナーさんは気が散ったかも?!

サロマンブルーの人と一緒に走ると
完走できるという話は有名。

ずっとぺちゃくちゃお喋りしながら
噂の斎藤商店に到着!

きゅうりの漬物、ミニトマト、冷凍ブルーベリー、
温かいお茶が冷えたお腹に嬉しい。
サロマンブルーおじさんのN野さんと一緒に
ちょっとゆっくり休憩。

さろまにあんの屋上からは
大漁旗を振っての応援!
これまた噂の応援!すごいなぁ☆

75キロの鶴雅リゾートエイドでは
おしるこがありました!
あと、そうめんではなくてお雑煮も。
もち×2種類??
まぁいいや!ってコトで両方頂く。

これまた冷えたお腹に温かい
食物が沁みます。
(どうやらそうめんが売り切れたので
お餅を入れて雑煮にしたっぽい)

この付近で、N野さんが
先週山をバイクで降りてブレーキ利かなくて
転んでやってしまった膝の痛みがしてきたから
痛み止め飲んでちょっとゆっくり行くよ
と言ってここでお別れすることに。

「ワッカで会おう!」

そうだ。ワッカに行かなければ。

ここからまた1人で走ることに。

一人でいると、客観的になってきて
「こんなに100キロ走る人がいるんだーよく走るなぁ」
という気持ちになってくる。
自分もその一人であることが笑えてくる。

脚が辛そうなおじさんがいた。
「80キロ越えたら完走できますよ!」
「完走する!完走する!」
呪文のように唱えていたので
完走できますよ!頑張って!とエールを送ってそっと抜く。

こうたさんが向こうからやってきた!
ワッカから走ってきたという。
ちょっとだけ並走してもらう。

さなさんが60キロ付近で捉まって、
ヒナちゃんはギリギリ通過だったらしい。

「ヒナちゃんが心配だから行ってあげて!」
「うん、わかった。ふみさんもそのペースでね!」

こうたさんは更に後ろを目指して走っていった。
また1人の戦いが始まる。
この辺りでまた腸が調子悪く
ビオフェルミンガリガリ。

70キロ以降もなんだか調子が良かったので、
60キロ台よりも速いペースで80キロ通過。

80キロを3時間以上残して通過できた!
とうとうワッカだ!ここまで来たら完走できるぞ!

ワッカに入ると小さいアップダウンと狭い道が続く。
ここに来てこのコースは足に来るなぁ・・・

ワッカに入ってすぐに
アスリートの風のHITOMIさんと遭遇!
HITOMIさん速い!
「ここまで来ましたー!」とハイタッチしてもらう

ワッカに来ると折返しがあるから
みんなと会えるのが嬉しいな。

でも、サブ10以下を目指している
仲間には会えないんだろうなぁ・・・
と思いながら坂道を上る。

左にはサロマ湖、右にはオホーツク海、
辺りは白い砂地と緑の原野、
空が広い。

masaさんから
「ワッカはいいよ」
と言われて送り出されたことを思い出す。
この風景と、仲間と会えることと
両方を指すのかな・・・
と思いつつ小さい林を抜けた。

ちょっと行くとからふるのH口さんが!
「ここまで来れましたー!」と
これまたハイタッチ。
ちょっと涙が出そうになりました。
H口さんの利尻での助言が効いて
ここまで来れたのもあるから。

そしてシャアとチュンリーを発見!
あれ?サブ10は?
と思いつつ会えて嬉しかった!

しばらくいくとぷー様発見!
ずっとニコニコなのはすごいなぁ

たかのぶさん、hiroroさんも発見!
カナリヤさんは「大失速!大失速!」と叫びながら通過
だ・・・大丈夫?

すぐ後ろにあひるさんも

「みんなどうなの?」と聞かれたので、
「ヒナちゃんがギリギリらしい!」
と言ってハイタッチしてもらう

ちょうど10キロ差くらい。

85キロエイドにダックさんの応援がありました。
こんな場所まで来て応援してくれるのは有難いな。
スイカに塩を振って食べる。

しかし・・・ここで両足首が痛み出す。
こんなの初めての痛みだ。
なんで足首の前側が痛むんだ?

そういえばさっきまで抜く側だったのに、
今は抜かされる方が多いかも?
スピード落ちちゃってるんだな・・・きっと

そんな時、
「おーい!ふみちゃん追いかけてここまで来たよ!」
とN野さんの声。

痛み止め飲んだらすっかり元気になって
ここまでスピード上げて走ってきたとのこと。
有難い!

私もガマンしないでロキソニン飲んでみようっと。

舌下OKのロキソニンを買っていたので、
ガリガリとかじって飲み下す。
ん?用量は2錠だっけ?
と思い、もう1錠追加でガリガリごっくん。
エイドのスポドリで流し込む。

折り返してから足首の痛みがほぼ消えていることに気づく。
いやぁ痛み止めって効くんだね!
ビックリ!

気持ちペースも上がり、
またN野さんとお喋り三昧で走る♪

1570024_1688379719_224large
あひるさんのトコから拝借(ぺこり)
ブラックダックさんの撮影したワッカでのN野さんとふみ

N野さんもお知り合いだという
モンちゃんと会わないね~と
言っていたら、向こうから走って来たのには
びっくりしたわ。

帰りのスイカエイドではちょっとゆっくり目に
一緒にスイカをモリモリ食べる。

あれ?ヒナちゃん居た!
でもここでリタイアするという。。。
あとちょっとなのに・・・残念。
まだ制限時間間に合うよ!
と言って先を急ぐ。

もう完走ペースだと分かっているけど、
最後まで歩かないで走りたい。
私は自分の意思で歩いたことがないから、
サロマでもそれを貫きたいという思いがありました。

あと、足が痛いので、
さっさとゴールしてこの痛みから解放されたい!
というのもあって・・・

N野さん曰く、
「もう夕方だから、ここで歩くと寒いよ」
走った方がいいらしい。

「ワッカはお花がきれいだよ」
と聞いていたけど、
今年は寒いせいか
エゾスカシユリのお花はポツポツと。
ハマナスの花がきれいでした。

いよいよ10キロ以下のカウントダウンが始まる。
N野さんも快調だし、私もぜんぜん大丈夫!

N野さんは顔が広いので
いろんな方と挨拶しながら陽気に会話している。
すごいなぁ。

ワッカを抜けるとあとはフィニッシュまで
一般道を走るだけ。

残り1キロ付近の地点に
たかのぶさん、あひるさんが
待っててくれました。

あひるさんが並走してくれる。
N野さんも一緒に会話しながら
ゴールへと近付いていく。

ちょっとだけペースアップ!

ゴール手前にはダックさんとこうたさんの姿も。

こうたさんがチームの旗を持ってきてくれたので、
最後の曲線部分まで一緒に走って、
最後は旗を持って一人でゴールすることに。

足も心肺も全然平気!
N野さんよりちょっとお先に行かせてもらって
ゆっくりとゴール!!

12時間32分53秒

約30分残してゴールできました。
最初のトイレロスで8~10分
予定からズレたままのタイムでしたが、
まぁまぁイーブンで走れたし、
予定MAXタイム以内には収まっていたので
よしとしましょう。

後ろを向いてコースに一礼。
N野さんを待つ。

N野さんはゴールで頂いたお花を
私にくれました。
有難うございます。

連絡先交換しよう!
と言っていたので戻って名刺持ってきます!
と戻ったのですが、

ゴールして着替えて戻って・・と
ごちゃごちゃやっていたら
とうとう会えずじまい。
めちゃくちゃ後悔しています・・・
という訳で巨人軍団所属の
サロマンブルーゼッケン145番の
西野さんを探しています。泣

話を戻しましょう。
ゴール後、早くごはん交換券で
ごはん交換しないと無くなるよ!
と言われて焦ってカレーの列に並ぶ。
さなさんも一緒に並ぶ。
腸はちょっとやられたけど
胃は平気なのでカレーもモリモリ食べました!

Dcf00004
最後に記念撮影!

hiroroさんバス発車1分前に
ごめんねー!!!

因みにゴール地点にもFAX送っていたので
見てない人はあひるさんから
見せてもらって下さいね☆

終ったらすぐに帰路へ。
最初さなさん、その後はずっとダックさんが運転してくれました。
最後まで本当に有難うございます。

既にふみは足がパンパンでゾウの足になっていて
ぷーちゃんにビビられる。

そんなぷーちゃんは
「終っちゃったねぇ。。。」
と何度も噛み締めるように
サロマへの思いを呟いていました。

12時半頃帰宅して私の初サロマは終了しました。
バキバキの足を引き摺りながら
何とかシャワーを浴びて就寝。


~サロマ後日編へ続きます~

|

« サロマ湖100キロウルトラマラソン~前日編~ | トップページ | サロマ湖100キロウルトラマラソン~後日編~ »

マラソン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サロマ湖100キロウルトラマラソン~前日編~ | トップページ | サロマ湖100キロウルトラマラソン~後日編~ »