« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年2月

2014年2月20日 (木)

京都マラソン2014~当日編~

京都マラソン2014当日編です。

朝は5時10分頃起床。
チェックアウトもあるので早目に起きました。

朝食は
バナナ
カップうどん
ミニ中華丼
R-1ヨーグルト

私は大阪の京都寄りに宿を取ったので、
7時過ぎの阪急電車で会場へ向かう。
この日は急行なども西京極に臨時停車するとのこと。
でも混んでるので、確実に座れる普通電車で向かいました。

いい天気。
朝焼けがキレイ。

Dcf00368

西京極駅を出るとこの混雑っぷり。
ぎゅうぎゅう。
最寄り駅が目の前に1つというのはしんどいかも。

人の流れに乗ってそのまま会場へ。
もう着替えてるし会場へ行っても
荷物預けする位だったので、
着替え場所にてジャンパー上下を脱いで
準備をしてそのまま荷物預けトラックへ。

Dcf00367

トラック前で記念撮影。
いってきまーす♪

荷物を預けてトイレに並んでも
整列時間まで若干余裕があったので、
スタンドからの景色を眺める。

Dcf00366

全体的にはこんな感じ。
一昨年はスタンドの外で号砲を聞いた?ので
スタジアム内からスタートできるだけ有難い。

W田さんは昨日「陸連登録なのになんでF?!」
と私のFブロックスタートにずっと異議申し立てしてくれていました(笑)
Aとは言わないのでB位からでもスタートしたかったですが・・・
自己ベストと予想タイムで完全にブロック分けられてました。

この待ち時間が前回激寒だったので、
シューズにはカイロ、背中とお腹にもカイロを
忍ばせてひたすらじっとスタートを待つ。

セレモニーがあって号砲。
一応ちゃんと聞こえました。

Dcf00363

スタートしても列動かずの図。
のろのろ歩いては止まっての繰り返し。

Dcf00362

やっとスタート地点!
ロスは6分少々。
太鼓の音に勇気付けられ行ってきまーす♪

競技場を出ると学校が色々あって
子供たちもいっぱい。
ハイタッチしながら楽しく進む。

Dcf00361

やや走っていると
なまはげがっっ!!!
ココ京都なんだけど(笑)
大笑いして撮影させてもらう。

ずっと右側ばかり走っていたので、
キロ表示がぜんぜん見えなくて
ラップが取れないことが多かったけど、
概ね6分10秒ペース。

Dcf00360

4キロ地点近くで桂川に出る。
山の雪化粧がキレイで思わず撮影。

Dcf00359

京都嵯峨芸術大学の上からの応援!
色々応援グッズを作りこんでくれていて元気がでます。

Dcf00358

桂川の向こうには嵐山の渡月橋が見えます。
風光明媚とはこのような景色のことを言うんだな。
川もキラキラきれいです。

広沢池を過ぎた辺りで
「桂ざこばの弟子 桂あおば」
と背中に貼ってあるお兄さんを発見!
面白いので声を掛ける。

「あおばさん何時間何分くらいでゴール目指してますか?」
「5時間半くらいですね~」
「フルマラソン何回目ですか?」
「じゃあ余裕ですね!」
「どちらから参加ですか?」
「北海道から来たんです~」

ここで北海道にビックリされる第3号。
小型カメラでのインタビューが始まりました。

MBS毎日放送(京都府、大阪府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県などで放送)
3月2日(日)13:00~13:55 大会を振り返るダイジェストで
放映されるかもしれませんが・・・
北海道では見れないよ(泣)
Youtubeに誰か上げてくれないかな?

この後、遊び人の金さんという
ウェアの目立つお兄さんがいたので
話しかけたりしながら走りました。
撮影しまくりランをしている模様。

Dcf00357

10キロを越えてやや行くと仁和寺。
お坊さんの声が凄かった印象だったけど
2012より人数減って一般応援者が増えている。

京都マラソンは地元でも賛否両論らしいけど、
仁和寺のように応援してくれるのは嬉しい。

Dcf00356

15キロ過ぎの今宮門を振り返って撮影。

Dcf00355

今宮神社。
京都らしくていいね。

そしてやや走ると・・・やおいちゃんフラッグの応援者が見えてきた。

御薗橋801商店街キターーーー!

Dcf00354

ちょうど17キロ表示をもったボランティアのおじさまと
やおいちゃんフラッグでニッコリ撮影

ゆるキャラ好きで有名なふみさんですが、
やおいちゃんはヲタ的な意味で
随分前から知っていたのである。

となりの801ちゃん

最初見たときはあまりのユルくなさに衝撃だったよ・・・
今ではかわいく見えるけど。

御薗橋801商店街では飴の私設エイドで応援してくれます。
温かさが身に沁みます。

Dcf00353

商店街を抜けたところにやおいちゃん
とゆるキャラの仲間たち。
もう2体居たけど写真入りきらずゴメンナサイ!

そしてやおいちゃん達の後ろは賀茂川。
往復して最大の難関、宝ヶ池方面へ向かいます。

ここで給食にオレンジを発見!
美味しい。オレンジが美味しくて
この後のエイドと私設エイドでもいただきました。

Dcf00352

20キロを過ぎてやや行くとランナーの連なる激坂。
初回の時はあまりの急勾配に大笑いしたけど、
2回目のせいかそんなにキツくなく感じたかな。
幌見峠練習のお陰かしら。
歩く人、遅い人をぐんぐん抜かすぜ!

宝ヶ池通のトンネルにて
初めてmasaさんを発見。
名前を読んだら気付いて振り返ってくれた。

彼はDブロックスタートだから、ロスタイムの差と
実際のタイム差と・・・8分は離れているな。

Dcf00351

坂を上りきっての国立京都国際会館前の折り返し。
山がキレイ。

Dcf00350

そして24キロ手前に・・・キター!
八ツ橋エイド!!
(都こんぶは食べず)

Dcf00349

ボランティアスタッフさんが
いろんな種類の八ツ橋を用意してくれます。

Dcf00348

抹茶八ツ橋ゲット!!!いただきまーす
モシャモシャ(^~^)
これの為に京都に来た・・・。

「一番キツイのはここだからあと少しがんばって!
上がったら八ツ橋エイドあるからがんばって!」
と上りのランナーに声を掛けながら坂を下りました。

坂を下りきった辺りの折り返しとの交差地点で
笑顔のS石さんを発見!
Eブロックスタートですぐ抜かれます~
と言っていたけどまだ6分以上の差があるわ。

ここから先は折り返しが何箇所もあるので
masa兄とS石さんとは2回ほど
エール交換できました。

Dcf00347

32キロ付近で賀茂川河川敷に入る。
石畳と地面と。
ずっとアスファルトだったので、
土の歩道が足に優しく感じました。

「あと北大2周!」と一人呟く。

義足ランナーの島袋さんが
すごい表情で走るのが見えた。
本、読んでみようと思った。

Dcf00346

ルパン三世のテーマをサックス演奏して
応援してくれたおじさま♪
他の箇所でも応援してくれていました。

京都マラソンは仮装禁止なので、
応援の仮装が目立ちました。

ずっとハイテンションで応援する
ふなっしー仮装のお兄さん、大変だったろうなぁ(笑)
ハイタッチもさせてもらいました。

新発売のスポーツ塩ようかんを
エイドでいただく。コレいいです。
EXPOで購入しちゃいました。

賀茂川から鴨川に入り折り返し。
少し行ったところでS石さん発見!
2週連続フル連投で足が辛そう。
ここで先に行かせてもらう。

更に進むとまさかのmasaさん発見。
足が攣ってしまったらしい。
完走するとの力強い言葉を信じて
先に行かせてもらう。

今出川通りの折り返しでも2人とエール交換。

40キロを過ぎて最後の岡崎通りは
アップダウンが結構足に来る感じ。

最後の粘りを見せたい。

足が痛いけど、奈良で達成できなかった
4時間半は切っておきたい。
あと北大のメインストリート往復の距離しかない。

呼吸は大丈夫なので足の進む限りの
スピードでがんばって走った。

フィニッシュは4時間33分
グロスで27分でした。

Dcf00345

コースにお礼を告げて振り返る。
朱塗りの平安神宮の門が見える。

ランナー順路に従って
タオル→VAAM→チップ回収→メダル→バナナ
そして荷物受け取り場所へ。

Dcf00343

荷物受け取りのお兄さんに撮影してもらいました。
北海道に帰らなきゃと言って
またびっくりされる4号。

飛行機の時間があるので
2時には会場を出ねば・・・と歩いていたら
何と向こうからW田さんが歩いてきた!
すごい偶然!!

話を聞くと、着替え場所もおこしやす広場同様
順路が決まっていてすぐに出てこられない仕組みらしい。
それでは飛行機間に合わん・・・
ということで、汗冷えもそんなに寒く感じなかったし
その場でジャンパー上下を着こんで
そのまま空港へ向かうことに。

Dsc_0513_convert_20140219195723

着込んだところで記念撮影☆

W田さんは2週連続フルの間に
11日の祝日もレース出ていて
疲労もある筈なのに3時間45分だったそう。
年間40レース以上出てるのは伊達ではない・・・
次は利尻で会いましょう!

そのまま河原町までダウンがてら2キロ歩いて
ホテルで荷物ピックアップして
梅田経由南海ラピートで関空へ。

ピーチは第2ターミナルなので
第2までバス移動してチェックインして
ようやくお着替えできました。

飛行機は少し遅れたけど、
無事に北海道到着。
早速吹雪がお出迎え。

ということで京都マラソンの旅が終わりました。

京都マラソンでもらった記念品「バフ」

Dcf00369 Dcf00342

いろんな使い方があるようですが、
私はとりあえず手ぬぐい代わりに巻いてみました。
年中使えるので良いかも。
スタートまでの待機時間は耳や口まで
すっぽり覆って若干怪しい人になっていました。
(怪しい人他にも多数なので気にならず)

140219_200526

メダル。
左が今回の、右が第1回の。

・・・比べて判明したのだが
明らかに細かい部分がショボくなってるぞ(笑)
デザインは基本同じですね。

タオルはワコール製で初回同様
フワフワで気持ちいいです。
奈良のも良いけどやっぱりワコールは良い。

まとめ。
第1回と比較すると運営はとても良くなっていました。
応援もボランティアも素晴らしいし
コースの危険箇所がかなり改善されていたし、
EXPOも賑やかになっていました。

コースは細かいアップダウンがあるので
決してゆるくはないけど、
宝ヶ池方面がカットされるなら
そんなにキツくなくなるかもしれませんね。

久しぶりにそこそこ納得できる走りができて
良かったです。

暫くフルマラソン参加はありません
(ハーフ以下とミニウルトラばかり)
でも、マラソンってフルが基本だよね。

マラソンをちゃんと走れるようになりたいな。
まずは勉強してさっさと合格しよう。

関わってくれた皆さんに感謝です。
ありがとうございました☆

京都マラソン完走記・了。

|

2014年2月18日 (火)

京都マラソン2014~前日編~

行って来ました京都マラソン2014の旅。
まずは前日編です。

今回も金曜日の前々日入りしたふみさん。
この日は本州の雪の影響で
関西方面も雪が積もったということで
ダイヤの乱れがありました。

会社にいる時から
「飛行機飛ぶだろうか・・・」と胃痛が(汗)
集中力の使う仕事は翌週に回して
新千歳空港へ。

私の搭乗する便は定刻運行予定でした。
ホッとしたけどあまりにも胃腸が痛いので
下のリフレクソロジーでマッサージ受けちゃいました。

定刻予定ではあったけど
ピーチの運行遅れはデフォルトなので
30分くらい遅れて出発&到着。

成田のトラウマがある為、
今回はそんなに高くなかったので
思い切って空港直結のホテルで一泊。

安心の日航ホテル。
フロント対応もお部屋も良かった。

Dcf00417

シングル空いてなくて広ーいツインを
独り占めするチョコちゃん。

何だかんだで就寝は2時頃。
そしてゆったり起床してミナミへ向かいます。

難波の法善寺横町そばの
行き付けのお店「サロン・ド・テ・アルション」
11時開店前から並んで入店

Dcf00409

開店してすぐに2階のサロン6割が埋まる人気店。
女性率90%の素敵なお店です。

アルションランチをいただきました。

◆ミネストローネ
◆メイン料理:いずれか1品チョイス
   ・ブイヤベース
   ・豚バラのコンフィ ココアソース
◆姉妹店「アルション ラ・メゾン」の石窯薪焼きパン
◆お好きなケーキ (+¥160で皿盛りデセールに変更できます)
◆お好みの香りの紅茶

Dcf00407

ということで迷いに迷ってお肉をチョイス。
パンが食べ放題なのです。
この後ゴマのパンを3つおかわりしました。
カーボローディングさせていただきました。

Dcf00405

当然の如く皿盛りデセール。
ミルフィーユにはパセリソースとカラメルアイスとの
相性が絶妙でとても美味。
紅茶はシークレットチベットをチョイス。
ポットの紅茶は2杯半位飲めました。

1階のブティックで焼き菓子と紅茶を
色々買い込んで
北海道から来たんですと言って
ビックリされるの第1号で終了。

この後、阪急線沿線の大阪のホテルに寄って
荷物を置いてから京都マラソン受付会場の
みやこめっせへ向かいます。

今回は乗り継ぎなどの時間短縮を図るため、
阪急河原町から歩いてみました。
2キロ程度なので20分ほどで到着。
ぜんぜんアリだわ。

Dcf00400

京都はずっと雨。
2年ぶりのみやこめっせ。

Dcf00398
まずはIDチェック
身分証明書と参加票を提出してチェックを受けます。

Dcf00397

そしてランナー受付。
登録のブース少ないなぁ。
こんな感じで私が行った時間帯の受付は
比較的空いていました。

Dcf00396

受付から「おこしやす広場」へ突入!
第一回の時は随分しょぼいEXPOだなぁ
と思っていたのですが、
流石3回目。かーなり規模が大きくなっていました。

以前は会場スカスカだったのがブースでみっしり!
人もかなりの混雑っぷり!
しかも順路が厳しく決められていて
全部ぐるぐる回らないと会場から出られない仕組み。
ある意味罠。
急いでる人には過酷な会場設定だわ。

Dcf00395

ワコールさんが協賛しているので
ワコールブースはかなり大規模でした。
WEBで見て派手過ぎで気になっていた
cw-x赤塚不二夫コラボ
本物は意外とド派手ではなく
思ったよりシックな色合いでした。

私が用事があったのは公式グッズ売り場のみ。
でもソコ一番最後なんだよね。
ぐるぐる迷路のような順路を歩いて辿り着いたら
予想はしていたけど売り切れ続出。
おせんべい買いたかった・・・

Dcf00393

夕食まで時間があるので河原町までぷらぷら。
祇園の端から見る鴨川。
雨で増水して川は激しく流れていました。
明日はこの上流沿いを走ります。

河原町でぷらぷらしていると
ネットショップで利用している
ピアス屋さんの実店舗を発見。
思わずお買い物。
そして北海道から来たと言ってビックリされる第2号。

祇園でお土産を買ったりしてから
お気に入りの八坂神社へ。
ゆっくり行くのは久しぶり。

Dcf00392

境内は少し雪が残っていました。

Dcf00391

本殿でお参り。
明日無事完走できますように・・・

Dcf00389

円山公園側の鳥居。
みかんがなっておる。
北海道民からすると柑橘類が生っているのは
とても新鮮なのである。

Dcf00386

梅も咲いていました。
縁結び神社の中から撮影。
八坂神社周辺は小さなお社が色々ありました。


そして夕食の時間。
今回は四万十川ウルトラマラソンで
ご一緒したS石さんとW田さんと
同窓会をしてきました。

会場はこれまた行き付けのお店「呑寄亭」
一昨年の京都マラソン前夜も行ったのですが、
移転して大きくリニューアルしていました。
おかみさんは健在☆

Dcf00383

つきだしの白子天ぷらあんかけ
あんがだしが利いていてとても美味しい!

Dcf00382

京都といえば鯖寿司。
W田さんが遅れてくるそうなので
S石さんと一緒に先にかんぱーい☆
ビアグラスがうすはりで高級感あります。
流石いいお店。

Dcf00381

カウンターから見えるおでんが美味しそうだったので、
盛り合わせを頂きました。
冷めたら器ごと温めてくれます。
W田さんまだ来ず。

Dcf00380 

そしてここに来たら食べるべきはカツ巻き!
食べ続けて十数年(大袈裟)
これは美味しいです。
カーボローディングにも最適。
ここでW田さんに電話が繋がり、
道に迷いまくっていることが判明。

すぐさまおかみさんに代わってもらってナビゲート
「もう帰ろうかと思っちゃったよ~」
って京都まで来て帰らないで下さい(泣)

ややあって雨に濡れた(かわいそう)W田さん到着。
改めて同窓会スタート!かんぱーい☆
W田さんピッチ速いのですぐに追いつく。

Dcf00379

ふみの2杯目。
京都らしいお酒をいただきたかったので、
松竹梅「白壁蔵」澪
スパークリング日本酒をシャンパン風にいただく。

活性酒の瓶内発酵ではないそうなので、
多分ガス添加なんでしょう。アルコールも5%と低め。
スッキリした味わいでおいしかったです。

Dcf00377

白魚の天ぷらはシソの葉で巻いてあります。
ふきのとうなどの春野菜と一緒に。

W田さんが「獺祭おいしいよー」と勧めていましたが、
私は旅先で地酒を飲みたい派なので
松竹梅「白壁蔵」<生酛純米> をいただく。

純米&生酛なので燗つけてもらおうと思ったら、
おかみさん曰くそのまま冷でいくのがオススメとの事。
最近の純米や生酛は酸味や米の味がっしり
とは限らないことが多くなっている気がします。

AB型会。
色んなお話が聞けて楽しかったなぁ。
お二人はサロマ出場もするので
その旅程の打ち合わせもしていました。

一番衝撃を受けたのは、
ふみが日本酒のチェイサーで水(氷なし)を飲んでいたら
「僕もチェイサー頼もう」
とW田さんが言ったので、お水を頼んだら
「ビールください!」
と言った事・・・日本酒のチェイサーがビールって!!!

ビール1杯で十分なS石さんと二人でビックリしたよ。
流石四万十川前日に500缶10本空ける人だけある。

Dcf00373

ということで記念撮影☆
神奈川&北海道&四国のラン仲間が京都に集合♪
すごいなぁ。

明日は完走ね!!!
と笑顔でお別れしました。

さて!明日はがんばるぞっ!
てことで前日編終了。
当日編に続きます・・・

|

2014年2月13日 (木)

京都マラソンへ行ってきます。

2年ぶり2回目の参加☆

今年であの激坂は終了する模様です。
一昨年の京都マラソンレポ

奈良の時よりは練習できていると思うので、
それなりに走って撮影して楽しもうと思います。

ランナーズアップデートもあるので
リアルタイムに記録を見ることも可能です☆

それにしても行く予定のお店が
去年の店そのまんまってのがウケますな。

そして前夜祭は2012四万十川ウルトラマラソンの同窓会をやってきます。
AB型同盟だっちゃ。
AB型はAB型を呼ぶ。

無事に帰ってきたらレポートしますね。
応援よろしくおねがいします♪

|

« 2014年1月 | トップページ | 2014年5月 »