« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月10日 (土)

豊平川マラソン2014

今年の北海道レース初戦です。

今回の目標はビルドダウンしないこと。

毎回、ハーフは序盤突っ込んで、
後半の12キロ~14キロ位から疲れてペースがみるみる落ちていく
というのをもう何っっ回も繰り返していて。

今回もしっかりした練習やスピード練習はできておらず。
いつも痛くなる右臀筋の痛みも出ており、
そこそこの記録は狙えないのが分かっていたので、
やり過ぎなくらいゆっくり入って、
後半スピード上げていくという作戦で行くと決めていました。

後ろからスタートしようかなと思っていたら、陸連は前からスタートだったので、
陸連登録初レースでやる気みなぎるわたこさんと別れて
陸連のほぼ後ろからスタートすることに。

それでも参加者が多くてスタートしてもすぐ列は動かず。
モタモタスタートして園内をぐるり。

桜が満開で花見しながらゆっくりラン。
周りに流されてスピード上げないように…
結構ぶつかる人多いな。

たかのぶさんの鳴子の音を聞きながら園内の坂を登り降りして河川敷へ向かいます。

1キロで6分少々、2キロでは6分以下で
「速いよ!」
とセルフ突っ込みをしながらペースを落として走ることの繰り返し。

自分ではキロ6半位で走っているつもりなのに、
矢張周囲に流されてペースアップしているらしい。

園内では練習バッチリ快走中のyuuさんを見送り、
そのあとM浦さんに声を掛けられ見送り。
更にN村さんも見送り。
陸連スタートでない私より速い人々の背中を見送りまくって走る。

3キロ以降もほぼ6分8秒ペース。もうちょっとペース落とさないと…
とセルフ突っ込みを続けながら5キロ給水でアミノバリューを頂く。

ミュンヘン付近ではソウちゃん、りえさん、ヒナちゃん、ミッキーさん
そのあとにえりさん、あひるさんの応援をいただく。

風速10メートルとは聞いていたけど、背中に感じる風が帰りの強力な向かい風を想像させる。

目の前には物凄い砂ぼこりショー
まじで戦隊もの特撮シーンと見紛うような素晴らしい砂煙です。
怪人が登場しそうだよ。

あみーろさんと並走して強風がひどすぎると会話を少しして抜いてもらう。
中標津の皆さん数名にも抜かされて背中を見送る…

そしてレース前に行ったのにトイレに行きたくなってきた…
朝、大きな柑橘類を2個も食べたせいか?
それとも直前に飲んだメダリストのカリウム効果か?

6キロ位からはひたすらトイレ行きたいと思いながら走る状態。
折り返しまでないのはキツイよ…

まみちゃんの応援を受けてさらに進む。

途中のトイレに駆け込んで何とかトイレ問題クリア。
ロスは1分少々かな
まさかハーフでトイレに行くなんて…初体験(笑)

スッキリしてまた自分のペースで走り始める。

サブ3さん、たんたんさん、もずちゃん、わたこさん、たかひとさん、ももさん、
折り返してきた高速ランナー仲間とへの声かけもバッチリ☆

参加していると聞いていた会社の人にも
声を掛けられ抜いてもらう。

折り返してもペースは6分15秒以下。
もう少し遅く走りたかったけどいいや。
ここまではずっと口を閉じて走れるレベル。
鼻歌歌えるゆっくりペース。

ここでごりっちょに声を掛けられる。ん?!私より後ろ????

まだまだペース上げるのは我慢。

初ハーフのK絵ちゃん、M子さん、そして足腰痛い言うてた父を探しながら復路を走る。

K絵ちゃんは衣装が目立っていたので発見できたけど遠くて気づかれず。
父も見付けて声かけたけど痛そうなフォームで心配だ。完走できるのか?
無理しないでねと声を掛けてすれ違う。

14キロから本気出そうと思っていたのでまだまだゆっくり。

給水は後半で1度アミノバリューと水を少しずつ頂いたくらいでした。

通常朝から何も食べずに無給水で25キロとか山攻めしてるし真夏でもないし
水飲まなくてもいいかなーって。

給水ボランティアさんはみんな一生懸命声かけしてくれました。ありがとう!

ごりっちょが追い付いてきたので
「なんでこんなとこにいる?!(ごりっちょ速いのにこのペースは何故?!)」
と聞いてみたら故障らしい。
それでも調子良くなってきたのでキロ5で走りますー
と彼は颯爽と前に出ていきました。

復路のまみちゃんの応援も受けて
のそのそ走ってようやく14キロ

「はい、スタート!」

LAPボタンを押して加速。
周囲をぐんぐん抜かしていく。

目の前に学校のお揃いTシャツを着た学生さんらしきランナー2人組を発見。
いいペースなのでぺーサー&風避け(すみません笑)にしてピッタリ追走。

学生さん二人は気軽に会話しながら走っている。
どうやらペースは5分20秒弱らしい。
オエッ
速すぎないか?!

とりあえず着いていけるのでしばらく追走。
当然周囲とは明らかにペースが違うのですごい勢いでランナーを追い越していく。

私ともう一人が学生さんのペースに着いて行っていたけど、
2キロちょいで呼吸がアカン状態になり私が離脱(泣)

そのまま呼吸が少し落ち着くまでややペースを落とす。
一気にまたキロ6位まで落ちたけど、
この辺りまで来ると流石に回りの疲労度の方が高いようで、
それでも私が大方のランナーを抜いていく。

あみーろさん、T橋さんにも声をかけて先にいかせてもらう。

Tシャツの名前で応援してくれる人もいて嬉しかったな。

あひるさんのカウベルの音を聞いてペースをまた少し上げる。
ミュンヘン大橋前でこうたさんが少し並走してくれた。
サロマを思い出すなぁ

ヒナちゃんの応援を受けて河川敷終盤へ入る。

ソウちゃん、りえさんの応援に
「後半あげてくよー!」
と返して更にスピードアップ!
入口付近ではたかのぶさんが最後の応援。

あとは園内をがんばるのみ。

スピードダウンしたランナーを次々拾って外周へ
中標津の陣地からN村さん達が声援をくれる。
もうひとがんばり!

競技場に戻って最後の直線。
masaさんが応援に来てくれていた。

スパート掛ける余力もあり最後まで抜いて抜いてゴールしました。

2時間6分少々。
私のハーフの中では遅い記録の方に入るけど、
今の実力&レース展開を考えれば満足の行く結果となりました。

ビルドダウンしないで前半がまんして後半上げていくことが出来たのが良かった。

そして後半上げていくことでランナー抜かしまくりなのは気持ちいいですね!
いつも逆の立場だったので自分がカッコ良かったです(笑)

走り終えてから気になるのは、すごいフォームで走っていた父が大丈夫かということ。
リタイヤ?まだ走ってる?電話も出ないし。
イベントの準備がある為、心配ながらも河川敷を逆歩して
10キロランナーを応援しながら帰路につきました。

どうやらちゃんと3時間以内でゴールできたようです。
安心した…

夜は周年行事で打ち上げも兼ねて夜更かししました。
楽しかった☆

Dcf00542

桜満開の真駒内公園。
お花見ランになりました。

Dcf00539
8周年記念イベント。
ロゴデザインのケーキを用意!!
みんなでハッピーバースディ♪を歌いました。

というわけで北海道のマラソンシーズン到来ですが、
私が出るのは利尻とウルチャレのみ確定。
あとは札マラと北海道ロードレース出るかなぁというところです。

あと、大阪マラソン。今年こそ当たるぞー!

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年6月 »